■HISTORY

上方町家の会誕生から現在までのエピソードをご紹介。

上方町家の会

上方町屋の会は平成20年6月、関西を中心にOMソーラーの会員工務店が5社集まって結成されました。見学会の集客方法、積算見積り、適正利益率、材料仕入れ等々工務店経営全般について情報を交換し切磋琢磨するとともに、上方町家ブランドの構築に向けて共通仕様を定めて取り組んでおります。


家づくり、家守り

私たちは、品質の良い木造注文住宅を正直に造り、しっかりと家守りをしていきます。

私たちは、時が経つほどに愛着が増す、お客様と一緒にお客様の立場にたった「家づくり工務店」の集まりです。

上方町家八策

一、地域に密着した家づくり家守りを行ない、地域の住まい手に永く信頼され頼りになる工務店である事。

一、当たり前のことが当たり前にできる工務店が少なくなっている時代に、完成・瑕疵・地盤保証も合せて信頼に値する仕事が当たり前にできる家づくり工務店である事。

一、常に情報発信を行なう安心・安全な工務店である事。

一、広報活動と住宅技術に差異がなく、正直な家づくり工務店である事。

一、お互いのスタッフの交流を深め、設計力・施工力の向上を計る工務店である事。

一、お互いの仕事現場を見せ合い、住宅技術の向上を計る工務店である事。

一、OMソーラーシステムの普及に努め、省エネ住宅の普及に努める工務店である事。

一、近くの山の木を使い林業を活性化させ、地球環境・社会に貢献できる工務店である事

以上八策は、関西地域工務店の集まり「上方町家の会」会員工務店の家づくりに対する共有心得です。

「上方町家の会」座長 川口重行